極上無化調ラーメン「麺屋 義」

東京グルメ

こんにちは、4月うさぎです。

最近我が家の食卓ではぐつぐつに煮たてた豚汁や寄せ鍋が大活躍。

あったかスープが冷えた身体に沁みるんですよね~。(しかも簡単。ここ重要です。)

本日ご紹介するお店は、西日暮里駅近くの「麺屋 義(yoshi)」です。

今までラーメンの汁を飲み干したことがないわたしが初めてスープまで完食できたおお店です。

無化調を売りにしていますがけして薄味ではなく、むしろしっかり濃いめの味付け。なのに後味はさっぱりとしていて、老若男女誰にでも好かれるラーメンです。

スープを最後の一滴まで楽しめて心も身体も温まります。

アクセス

お店は東京都台東区谷中にあります。

電車での最寄り駅は、JR山手線の「西日暮里駅」で徒歩4分(300m)です。東京メトロ千代田線の「千駄木駅」からも徒歩8分(650m)でアクセスしやすい場所にあります。

都営バスは草63、上58線の「道灌山下」や文京区のコミニティバスBーぐるの「千駄木小学校」からも近いです。Bーぐるは運賃が100円と安いので文京区内の方や時間に余裕がある方はおすすめです。

お店の雰囲気

外観はこんなかんじです。

大きな寸胴がユニークですね。

ランチタイムは近隣の学生やお仕事中の方々でいつも行列ができています。今回は日曜日の18時に訪問しましたが満席のため外で待つこと15分。

店長は聴覚に障害を持つろう者(聾唖者とも呼びます)だそうで、店内では手話で会話している方をちらほら見かけます。

入店したら食券を購入します。食券器の上に味を調整したい方向けの札があるので必要な場合は取っておき、席に着いたら食券と一緒に提出します。

席はカウンターのみの10席、ひとりひとりのスペースが広いので快適です。

注文品

「特製義ラーメン(塩)」と「(期間限定品)」を注文しました。

特製義ラーメン(塩)

わたしは食べるのが遅く、麺が伸びてしまいがちなので「麺かため」の札を一緒に提出しました。

待つこと10分。先に塩ラーメンができあがりました。

焼きチャーシュー1枚、脂ののったチャーシュー2枚、うずらの燻製卵2個、海苔、長いメンマ、ネギがのっています。

透き通った黄金色のスープ。一口飲むと、鶏と塩の旨味がぶわっと口の中で広がります。こんなに美味しいスープはなかなかお目にかかれません。

麺は中細のストレートタイプでした。これは浅草開化楼という老舗製麺所のもので、「美味しいラーメンが食べたければ、浅草開化楼の箱が置いてあるラーメン屋を選べ」と言われるほど確固たる人気を誇っている製麺所だそう。

義で使われている麺は北海道産小麦のゆめちからにふすまをプラスしているそうで、麺のところどころに黒い斑点が見え、小麦の香ばしさがありました。

丸い形のスタンダードなチャーシューは、ほろりと柔らかく炭火の香りがして美味しかったです。2枚入っているものは甘めの味付けで硬めのワイルド食感でした。

席には5種類の調味料が用意されていました。

  • 8種混合粉末(魚粉)
  • 柚子胡椒
  • すりおろしにんにく
  • お酢
  • ブラックペッパー

こういうのは一度試してみないと気が済まないタチなので、麺を食べ終わった後に柚子胡椒と魚粉を追加してみました。ですが、入れすぎたのか味のバランスが崩れて残念なことに〜。

そのままが一番美味しい気がします。

特製にんにく油そば

夫が注文した「特製にんにく油そば」はこちら。

見るからにジャンキーで夫は大喜び。

一口もらうと、すっっっごいにんにく。無化調なのが不思議なほどのしっかりした味付けで、ジャンキーを求めている方にも満足度の高い一品でした。

チャーシューには醤油が染み込み、にんにくの強い味に負けていません。

生卵を絡め、魚粉粉をもりもり、すりおろしにんにくももりもり、少し酢を加えて大満足な夫。翌日に大事な予定がなくて、にんにくを心ゆくまで楽しみたい方におすすめです。

麺は太めのストレートで、もっちり小麦の味がうまい系でした。

他にも西日暮里・千駄木方面で美味しいラーメン屋を記事にしているので、よかったらご覧ください!

行列のできるラーメン店!無化調&巨大チャーシューの「神名備」
こんにちは、4月うさぎです。みなさんは1年のうちに何回ぐらいラーメンを食べますか?わたしは静岡に住んでいた頃は年2回程度でした。(あの冨永愛さんと同じ回数です!体系は似ても似つかないですが・・・。)そんなわたしです...

コメント

タイトルとURLをコピーしました